Q&A

Q.1 加圧って血を止めるってコト?
A.1 いいえ、違います。適正な圧で血流を制限しますが、血を止めるということではありません。
 
Q.2 適正な圧ってどれくらい?
A.2 個人によって異なります。加圧値については個人に合った適正圧があります。トレーナーが個人に合った圧を設定致します。
 
Q.3 低負荷って実際どのくらいで効果が出るの?
A.3 500mlのペットボトルがあれば十分です。
鍛える程度、部位によっては道具を使わずに加圧ベルトをつけて生活するだけでも効果が得られます。
 
Q.4 血流を制限するものは何でもいいの?
A.4 専用の加圧ベルト以外は使用しないで下さい。
ただ血流を制限すればいいというものではありません。加圧ベルト以外のものだと筋肉が動いた時や、太くなった時に過大な圧がかかることがあるので大変危険です。
 
Q.5 血流を制限してトレーニングをして問題は無いの?
A.5 適正な圧なら問題ありません。
加圧トレーニングの効果は適正な圧で行うからこそ得られるものです。圧をかけすぎてしまうと大変危険なので、慣れたからといってむやみに圧を変えないで下さい。
 
Q.6 加圧トレーニングをしていたら二の腕に赤い斑点が・・・
A.6 特に問題はありません。
末梢の血管の先端にまで血流が行き渡っているという証拠です。トレーニングを続ければ血管が鍛えられるので出なくなります。
 
Q.7 あまり筋肉はつけたくないんだけど・・
A.7 ボディビルダーのようになることはありません。
ボディビルダーのような身体を作るにはそれなりの食事とトレーニングが必要になります。通常の食事、トレーニングではムキムキになるようなことはありません。
 
Q.8 ケガをした際にもトレーニングを行えるの?
A.8 効果を得られます。
加圧トレーニングの場合、あまり身体に負担をかけずにトレーニングを行うため、ケガをして医師の治療後に行うのも効果的です。
TOP | 注意事項 | お問合わせ